緊急の猫ちゃんの遠隔依頼

ᓚᘏᗢ< こんにちは、JUNです!

《重体で緊急依頼の猫:まつりちゃんの施術経過記録です》

この記事を読まれている あなたに、お願いがあります!
この画像のねこちゃんを【光で包んで快適にリラックスしているイメージ】をしてあげてください。数分でも、 数秒でも、 いいのでぜひお願いします!
それだけでも、この子にエネルギーが届きますから。٩(ˊᗜˋ*)و

■猫ちゃんへの緊急遠隔気功の依頼

先日、愛ケアメンバーでZOOMでの定期ミーティング中・・・
(この日は、KOU先生、AI先生、金井先生、私の4名でした)

10年以上の付き合いで、めちゃくちゃ動物好きのK姐さんから着信がありました。K姐さんは、普段はとても強く、サバサバして仕事も出来るしっかりした人なのですが、ネコの事になると即、涙腺崩壊します^^;


会議中だったので出なかったのですが、何度も電話が鳴るので、何かあったのかなと思い
LINEで「どうした?」と聞くと

猫ちゃんに何か大変な事が起きてる様子・・・

普段は家の庭くらいまでしか出ない猫(妹さんの猫:まつりちゃん9歳)が、
3時間も見当たらなくて、心配で探し回っていたら、駐車場に倒れていて、毛は激しく逆立ち、足は萎えて立つこと出来ず、
口を開けて苦しそうに息が荒くて瀕死の状態だったそうで

急いで秋山師匠にダメ元で連絡をとったら奇跡的に繋がって、
短時間だけど気を送っていただけたとの事で
師匠は「腰から下が透明で視えにくい、早く病院に連れて行ってあげた方がいい」とおっしゃったそう。

師匠が透明に視える時は、痺れや麻痺かそれ以上・・・の酷い状態なのです。
尚且つ、急いで病院をすすめられるという事は、、、そういう事なのです。

しかしもう動物病院は閉まっている時間。
朝まで待つしかありません。

■緊急、グループ遠隔気功施術開始

それで助けを求めて私に電話があったのです

(猫や、自分、そして家族に何かあった時は連絡をくれるのです^^)



それが、たまたまミーティング中だったのですが、
ミーティング時間も残り数分だった事もあり、


先生方にお話しようかどうしようか・・・

と思っていると、

金井先生が突然「犬や猫とかってどうなんですか?」と!!
なんとタイムリーな話題をだしてくださり、


続いてKOU先生が「動物といえば・・・」と私に話を振ってくださったので、
この流れは“今、話しなさい”という事だと思い
みなさんに『実は、今緊急の猫ちゃんの連絡が来てて・・・』と話すと、
ミーティング時間少し延長してくださり、すぐに全員で、まつりちゃんに気を送ってくださる事に!!

やっぱり気功やヒーリングをやられている方達って基本的にとっても優しい方が多いですよね。本当にありがたい(T_T)

気を送っている間に、愛ケアメンバーとはZOOM(パソコン)で繋がっていながら、私と姐さんとはスマホでのスピーカー通話にして5人で通話!
姐さんから状況を直接説明してもらいました。声聞こえるのかな?と思ったけど大丈夫なようでした。凄いですね^^

熱中症(ここ北九州は連日36度くらいあるのです)なのか、病気なのか、事故なのか、、明日病院に行ってからしか詳細はわからないけど、
とにかく元気に楽になるようにみんなで送りました。

その最中、KOU先生は「今は下半身視えますよ、師匠がやってくださってたから今視えるのでしょうねぇ^^」

(透明より、体が視えてる方が断然良い状態なのです)

KOU先生「師匠も今送ってくれてるんじゃないですか?気を感じます^^」

JUN「わかるのですか?師匠の気はどんな感じ(感覚)なんですか?」

KOU先生「師匠の気はブワッ!!と力強い感じです^^」

おおっ!さすがKOU先生!!
私は師匠の気はわからなかったけど、
緊急で連絡いれてるから、師匠の事だから出来る時には気にしてくださってるのだろうなぁとは思っていましたが、やっぱりやってくださっていたのですね!
この日はミーティングに参加出来ないくらいお忙しい時でしたのに、
ありがとうございます!!^^

ミーティングが終わった後も、先生方がそれぞれ送ってくださっていました。
実は姐さんも、その妹さんも気功が出来ます。
そして、私の母も一緒にやってくれました。

気功は2人ですると2倍以上!
今回は多数だったのでとてもパワフルだったでしょうねぇ!

後で聞いた話、みんなで送り始めてからすぐ、まつりちゃんは『波打つようにブワンブワンして感じてた』そうです。
子供や動物って、疑う気持ちがなく純粋だから変化しやすいんですよね。
動物にはプラシーボも効かないので、本当の結果がわかります。

■夜にはまた不安な状態に・・・

しかし、夜遅くにはまた戻ったようで
先生(師匠)に頼んでもいいかと心配なメールがきていました。

私の気づくのが遅かったので時間が遅くなってしまい連絡はしませんでした。

みんなでやってる時は良かったですが
夜中には冷たい感じがあったので、正直朝までもってくれるかとても心配でした。
(良くない時には掌に冷たい感触がある場合があるのです)

そして私自身の腰(少し右寄り)がめちゃくちゃ痛く感じました。
相手の痛い所と 同じ部位が 自分の体で痛くなったりする事があるのですが、かなり痛かったです。

この、相手と同調して痛くなる事が怖くて困っていた方がいて、それに対して
師匠は、「相手の痛みを感じるなんて事はあり得ない、感じなくて良いもの」と教えたそうです。
それを聞いてその方はそれ以来痛くなる事は無くなったそうなのですが
私は、自分で感じた方がわかりやすいからいいと思っているので感じるのだと思います^^
それにしても今回はめっちゃ痛かった・・・
いつもは、 “ココだよ”ってわかる程度の痛みなんですけどね。
その部位をイラストにして送ったのですが、人間の部位を猫に現すのって難しい^^;

■2日目

朝は、もう少し下の尾てい骨辺りの右側が尋常じゃな程痛かったです(T_T)
しかし、この痛くなるのって相手の痛みなのか自分自身の不調の痛みなのかまだはっきりわからない部分もあるんですよね。。

でもそれまで自分は痛くなかったのできっとまつりちゃんの痛みだと思うのですが^^;

自分が痛いので、まつりちゃんの事を嫌でも思い出すので自分とまつりちゃんにちょこちょこと送ってました。
(きっと、もっとやってあげなさいと言うことで痛くなってたんでしょう)
そんな中、バキっといってるビジョンがみえたので、背骨折れてるのではないかなと思いつつ・・・

朝、KOU先生が「ネコちゃんの様子どうですか?」と連絡をくれました。
(早朝、視えずらかったので心配だったそうです。)

AI先生は「腎臓という文字が出てきて、黒く感じます。それと胃」が気になると。
金井先生は自身の「心臓が痛くなった」と。

朝からまた先生方が自分達が感じられる所に送ってくださいました。

心臓が尋常じゃなく脈打ってる(と、姐さん言ってました)のを金井先生が感じ取られ、
骨が折れる位の衝撃で、おしっこ垂れ流しになってるくらいなので腎臓にもそうとうな負担があるでしょう。それをAI先生が感じ取られ

本当にみなさんそれぞれ個性的ですごいです!!^^
『人と違っても、自分が今感じとってる場所へ気を送れば良いのです。
間違いは何もありません』と師匠はいつも言ってくださいます。

■ 朝一で病院へ

レントゲンの結果、【骨盤骨折】だそう。

この動物病院は、姐さんに紹介してもらって私も10年以上お世話になっていて、
極力入院させない(動物のストレスになるから)など、動物の為の医療をしてくれる信頼出来る有名な先生なのです。^^

暴れてレントゲン1枚しか撮らせてくれなかったそうなので、もしかして他にもあるのでは、、と個人的には思ってます。
私は、もう少し上の背骨辺りが気になるので、折れてるか、強く打っただけなのかわからないけど、痛いのは間違いないと思うのでそこに集中して送りました。
折れてたら、早くくっついて正常になるように。とにかく痛みが取れるようにと。

師匠が10時前に連絡くださり視てくださった時は、
「昨日は腰から下が透明で視えにくかったです、今はねぇ結構視えていますねぇ^^」との事でした。
師匠や、みなさまがやってくださってるおかげです!^^

どうしてこうなったのか原因を視ていると、走っている大きい車、そして猫が吹っ飛んでコンクリートに打ち付けられている様子が、ちらっと視えました。
・・・この時点ではもう “ 外傷あり ” という先入観が入っちゃってるのであってるかわからないですけど。。こういう時、もう少し自由にテレパシーと透視能力が使えたら、まつりちゃんに聞けばわかるんでしょうけどねぇ。
もっと使いたい時に自由に使えるように練習ですね!

■3日目 毛繕い!?

午前中に送ってくれた写真では、キツそうにみえました。

その後送られてきた写真をみてビックリ!!
え!毛繕いしてるよ・・・

まつりちゃん、神経質みたいで、キレイにしたいそう、
キツい中でのがんばった一瞬の出来事だったようですが、それでも出来ない時は出来ないわけだからこれはすごすぎますよね・・・
もちろん病院で痛み止めの注射もやってもらってるんでしょうけど、すごいですよねぇ^^

排泄時はそうとうキツいようで、垂れ流しだそうなので、そっちも意識するようにしないとです。
そういえば初見でKOU先生が「胃と腸」とおっしゃっていました。
内臓に損傷が無ければいいのですが。。

引き続き、全先生方も暖かく見守り、気にして気を送ってくださっています。
本当にありがたく、心強いです。
ありがとうございます!!(><。)

また報告いたします。^^

続きはこちら ↓ ↓ ↓
>>続・まつりちゃん