気功の不思議な力 安心と睡眠

気功を習い始めた頃は、自分への気功のみで、第三者には行っていませんでした。
相手がいなければ、せっかくの気功を試す事ができません。
そのため、適当に被験者をみつけ、効果を試してみる事にしました。

①泣いている子供への効果

幼稚園の入園式の際、子供はお母さんと離れ席に一人で座ります。
時間が経つにつれ、不安が大きくなり泣きだす子が多くなります。
そんな中、あと少しで号泣しそうな所までいっている子供が目につきました。
試しに、手のひらから気を頭に送ってみたところ、表情が少し落ち着いてきました。
そのまま継続して、安心している状況をイメージして送り続けると、泣きそうな気配はなくなりました。

うちの子供にも試してみたところ、不安で泣いている時にはすぐに泣き止む事がわかりました。
構って欲しくて泣いている時には、泣き止みにくいことに気づきました。
その際は、愛のある包み込むようなイメージで気を送ると落ち着いていくことがわかりました。
3歳ぐらいまでの子には、気を送った直後から反応があるので、分かりやすいです。

②成人に対しての効果

気功の友達に協力してもらいました。

8:00~スタート
まず、気の玉を作り、いつも布団で眠くて起きれない状況を封入し、頭に送ってみました。相手に変化はなく iPad を操作しており、眠る気配なし。
当時、諦めるのが早かったのか、人を眠らせた事がありませんでした。
そのため、今回は途中であきらめずとにかく全力でやってみると誓い、色々と試してみる事にしました。

まずは、眠れないのは外的ストレス・刺激があるからと仮定し、悩みなどの黒いモヤを取るイメージを行いました。
その後、小周天で身体を温め、横に寝かせ布団にくるませました。(イメージです(笑))
とにかく、リラックスできるように気を送り続けます。

8:17~
この人はやはり寝ないのかと諦めて目を開けたところ、 iPad を持ってはいるが、操作はしておらず寝ている? いや、眠そうにしている状況でした。
とりあえず、気をフルパワーで継続的に送り続けます。
続けていると本格的に眠くなったのか、 iPad の画面を消し横におきました。
かなり良い所まできていると確信し、必ず寝るという確信を高めて、気を送り続けたところ、睡眠開始しました!!!

8:27~
この感動を忘れない為にメモを取っていた間に少し目を開けたものの、このメモを書き終わる頃には、熟睡していました。

リラックスし、ストレスが軽減されたと意見を頂きました。

まとめ

気を頭に送る事により、リラックスさせる事ができます。
マインドフルネス(瞑想)で、うまく変性意識に入れない方に同様な方法を試すと、深い変性意識まで到達することができます。
ハイヤーセルフや前世等のスピリチュアルな体験も、深い変性意識が重要となります。
私は、深い変性意識に入りやすいマインドフルネスの方法を教えるとともに、深い変性意識に入れるように、気功の力でサポートしています。
興味のある方は、メッセージをお願いいたします。