JUNのプロフィール

福岡県北九州市在住
ねこと、ONE OK ROCKが大スキです( ´罒`*)✧”

2006年のレイキに始まり、2010年の宇宙ヒーリング、2011年からの秋山超能力気功、他、
気づけばヒーリング歴13年。

気功をやっている最中、基本的には色(カラー)の変化で相手の状態の変化が見える事が多いですが 時々、ビジョンで視えたり、テレパシーで伝わってきたり声で聞こえたりします。

2019年4月、不思議な体験をきっかけにヒーリング能力が格段に向上している事に気づき自分でも驚くほどメキメキ上昇中。
毎日いろんな方に試させてもらい、これならたくさんの方に喜んでいただける。プロとしてやっても大丈夫だと自信が持てたので
秋山師匠と一緒に
【骨系の最高レベルの痛みに悩む方向けコース】と
【アニマルリーディングスクール(こちらは後々)】を
やっていただける事になりました!( •̀ᴗ•́ )و ̑̑

気功との出逢い

私自身の事を書いてみます。長いですが良かったらお付き合いくださいませ^^

2004年夏。ジェットスキーでクッキー(浮き輪みたいなの)に乗って引っ張ってもらって 遊んでいてものすごいスピードで吹っ飛ばされ、海面に頭か首を打ち付け、 「死んだかな・・・」と思った程の衝撃で10日程頭がクラクラしていましたが次第に落ち着きました。

しかしその冬突然、左を向けなくなり、病院、整体、等どこへ行っても治らない!!(><。)

「むち打ち、後から来るってほんとやん!!どうするん、運転できんやん!
 えー・・・一生このまま!?ありえん・・・嫌すぎる(T_T)」

そんな時が私の ” 気功 ” というものとの出逢いでした。

当時体調も数年単位でずっと悪かったので心配した母が、
“ すごい ”という波動測定の先生を紹介してもらって私に会わせてくれました。
一通り調べが終わり、「そこに立って」と言われ

後ろからその先生が触らずに何かしてくれました(気功)

首の辺りがホンワカ温かくなりました。
しかし当時私は全く信じておらず、
「気功??? いやいや、、そんなんで治るわけないやん 笑」と思っていました。
(ごめんなさい^^;)

直後は変化がわからなかったですが、それ以降、全く忘れていたくらいいつの間にか普通に左を向けるようになっていました。
(あれだけ一大事だったのに、人って気にならなくなると忘れてるんですよね笑)

数年後にその先生とまた別件で出逢いがあり、 先生がとんでもなくすごい方だった事も知りました。 すごくかわいがっていただいて、色々教えていただき、そしてたくさんの命を助けていただきました。

ただ、その先生は『生まれ持って気功が出来る方』でした。

だから人に教えているわけでもないんです。
とてもうらやましかったですが、やっぱりそういう人は元々持ってるんだぁ。
いいなぁ、私もそんなん出来るなら人にしてあげるのに・・・

なんて思っていた事も忘れていた数年後、母が「気功習いたいから調べて」と言うので

北九州で気功を教えてくれる所をネットで検索・・・

・習得するのに何年もかかるし、難しいし毎日練習しないと力が落ちる
・自分も人の気を受けるので、やってあげるとすごく疲れる。
・1日3~4人まで。
・しかも相手の悪い気を受けた分を出せる人じゃないと体を壊す
(今思うと私が見たのは多分内気功だったんでしょうね)

と書いていて、え、何これ難しいし、無理だ!笑 と・・・

色々見ていた中で “ レイキヒーリング ” を発見。良いことばかり書いている。

それはそれで あやしい 笑

でも、、、これ本当だったらすごいよねぇ。
本当だったらいいよねぇ!というノリで母とオバと3人で岡山まで伝授してもらいに行ったのが始まりでした^^

そして、アチューメントと呼ばれる伝授中に、ビジョンや色が何色か見えました。
不思議なことにその日から数年間、目を開けていても薄いピンクと薄紫の(虹みたいな質感)丸い光?が時々見えていました。
結局レイキはティーチャーまで取得して縁があった何人かに伝授させてもらい、全員伝授中に色が見えたと喜んでいました^^

そうそう、“ 自分らしく生きられるようになる ” “ 円滑現象がおき出す ”
“ 後で振り返った時にレイキをきっかけに人生が自分の進むべき方に導かれていた事に気づく ” 等
レイキに関するたくさんの人のブログなどを見た中に、”アニマルコミュニケーション(動物とテレパシー等でお話する事)”が出来やすくなると書いていた方もいて、 私はそこがとても気になったのでした。

猫とお話をしたかった

猫が大好きな(動物全般スキですよ^^)私にとってそれは小さい頃からの夢でした。 小学生の頃【みかん絵日記】という、猫が人間の言葉を話すマンガが大スキで、ほんとだったらいいのになと憧れて読んでいました。

でも現実そんな事は不可能 笑

もちろん私もそう思って、普通に生活していました。

それから10数年・・・
志村動物園で動物と話せる女性、ハイジさんを知り、世の中にはいるんだーと思ったけど、やっぱり ” 生まれ持った特別な人 ” なわけです。

ずっとそう思ってましたが、知らぬ間に時代は変わり、だんだん、出来てる人が増えている、どうやら練習すれば誰でも出来るようになるらしいという事を知って、 色んなアニマルコミュニケーターさんのブログを読み、本やDVDを買って練習していました。 そしてビジョン、ムービー、声が聞こえた事もありました。

愛猫 “ピーちゃん” に導かれこの道へ

2010年に宇宙ヒーリング(外気功の一種)を習得、これはとてもパワフルで結果がすごく出るので痛みを取る事にとても自信を持っていました。

遠隔で気功をやるのが楽しくてたくさんの方にお試し施術をさせていただき喜んでいただいてました。

そんな時、mixiで遠隔気功のモニター募集を見つけ、他のやり方の方からされるとどんな感じなのかと興味があり受けてみたんです。
たった5分間だったけど、全身ビリビリと感じました。

その方が、「この先生から習ったよ」と教えてくれたのが、秋山先生でした。

当時私は遠隔気功はもう出来ていてとても自信もあったので、気功には全く興味なく(先生ごめんなさい^^;)
でも遠隔で【アニマルコミュニケーション】を教えてくれるんだー!と
そこに興味を持ち、2011年4月、さっそくお試しの電話をしました。
初回で“ポっ”とオレンジの光(うちのミケ猫の耳?)が視えたのを覚えています。

ピーちゃん

おー!すごぉい!そのうち余裕が出来たら習おう!と思っていたのですが、
数日後、うちのピーちゃん(白猫でオッドアイ)が、さっきまで普通だったのに、少し目を離していた数分の間に、ぐったり伏せて、目はうつろ、舌をだし、口からはよだれが・・・

え!!!どうした!!!!? 
ただごとじゃない!!死んじゃう!!


泣きながら急いで宇宙ヒーリングの倒れた時など緊急時に応急処置的にやる気功をやりながら、
遠隔気功をお願い出来る仲間全員に電話して応援してもらい
奇跡的に意識は戻りましたが、心臓辺りが小さく痙攣しています。急いで信頼している行きつけの動物病院へ

「その状態からよく戻ってきましたね」と動物看護師さん
先生は「心臓発作だろうね」との事でした。処置をしてもらい、酸素の部屋に入れてもらい一応は落ち着きました。

もうお別れ近いのかな、、まだ5歳なのに早すぎる・・・
後悔するのも嫌なので、やってあげられること全部してあげたい、本人が食べたいものも食べさせてあげたい!その思いで
自分が考えていたよりも早く、というか始めざるを得ず、秋山先生とのレッスンがスタートしたのでした。

ピーちゃんが食べたいものを先生にテレパシーで聞いてもらうと

秋山先生「【馬刺し】だって」

・・・

・・・え?笑

馬刺し!??そんなのあげた記憶もないし、猫が馬刺し食べるとか思った事も聞いたことも無かったし、こんな状態でそんなの食べれるの?と思ったのですが、
先生を信じて、買ってくると、フラフラなのにバクバク食べたのでほんとにビックリでした。^^;
「馬刺しは精がつくからね」と先生。すごいなと思いました。

秋山先生、獣医さん、気功仲間の皆様のおかげでピーは持ち直し、時々発作を起こすけど、その都度気功をして必要なら病院にも連れて行き元気に暮らしていました。
これ、気功をやっていたから心配ながらも、何かあっても守れる心強い手段があったからこのくらいで安心して過ごせたけど、(それでも出かけてる間に発作が起きたら・・・と思うと家を空けるのは不安でした。) 何も出来ない自分だったらと思うときっと怖くてたまらなかったと思います。

自分の気功に自信が持てなくなった

それから、気功の方はというと、、
つらそうな人を見ると、かわいそうなのでどうにか楽にしてあげたいと気づけば”難しい”人ばかりをやってしまい、
その時少し楽にはなるものの、自分が思った程の変化は出来ず、あーー、、難しい人ってやっぱり時間がかかるんだぁという思い込みにかわり
更にだんだん軽い人でも、それなりに時間をかけないと変化しないのではないかという思い込みにかわり、気功に対する自信を完全に喪失、、、

遠隔やってと頼まれても、自分だけでは自信が持てず、母に一緒にやってもらってました。
相手が楽になったと喜んでくれても、母が一緒にやってくれたからだ。
2人だからだ。。と思い込み、自分だけでは変化出来ないと自信が持てない日々。

最初はあんなに楽しく、いろんな人にやって結果だして、短時間なのに
「痛みが無くなったよ!」や
うちに来た時は少しの段差も上がれない程だったのに帰る時には(直接の施術)普通とまではいかないけど段差もなんなくいけて本人も驚いていたり、
自分もびっくりしたりしていたのに、いつの間にか自分の思い込みによって時間もかかるし、なかなか変化もしないしだんだん楽しくなくなっていきました。

だからしばらくヒーリングから離れた時期もありました。

でも、やっぱり、「あ~、、○○が痛い」とか耳にすると、え?私にやってって言ってるのかな?
私この人に気功やってるって言ったかな?と気にはなるけど、(本人はただ単に痛いと言っていただけです笑)
かわいそうだな、やってあげたいなとは思うけど、
本人が楽になるまで変化出来る自信が無くて「やってあげようか」が言えなくなっていました。

やっぱりピーちゃんに導かれていたんだ

2016年冬、少し余裕が出来た事もあり、やっぱりまたやろう!と思って、秋山先生に連絡をとりました。
そこで佐賀の嬉野でリアルセミナーをされる事を知り、(セミナー自体私が先生と出逢う前からもう何年もされてなかったんです)
初めてだし、佐賀なら車で行けるし、もちろん参加させてもらうつもりでとても楽しみでした!

しかしその前日の夜に突然ピーちゃんが2時間おきに何度も吐き、ヨロヨロしておかしい状態に。 朝までずっとその状態でとても苦しそう、悪くなる一方で、、かわいそう、心配。。

えー、、今日セミナーなのにー。
でもこれは病院連れていかんといけんよね!!セミナーはキャンセル?どうしよう・・・この時点ではそこまで深刻だとは思いもしなかったのです。
そして朝一番で動物病院へ。

告げられたのは【腎不全】
しかも末期も末期。いついってもおかしくない状態、覚悟しておいてください。と。。。

えっ、、、

昨日夕方ちょっと具合悪いのかな?と思ったけど
それまで全然普通だったのに・・・

確かにピーは小さい頃からおしっこトラブルの多い子で、気にしてはいました。
(長くなるので省略しますね)

色々考えた末、他の予定だったら迷わずキャンセルだけど、
遠隔気功の秋山先生のセミナーだから。こんなタイミングでこんな事あるなんて何か意味があるはず!!と
母も「大丈夫だから行っておいで!!」と後押ししてくれて
泣きながら3時間高速走って佐賀の嬉野でのセミナーに参加させていただきました。

これが秋山先生と初めてのご対面でした。そして先生が参加者のみなさんに呼びかけてくださって10数名でのグループ遠隔気功を
ピーちゃんに送ってくださいました。セミナー後のアフター時も、部屋に戻っても夜遅くまで先生はずっと遠隔を送ってくださいました。
先生と共に私も2泊3日の予定でしたが、心配でたまらなかったので次の日の早朝に帰宅しました。
その翌日、秋山先生は静岡までの帰りに北九州を通ってくれてピーちゃんに逢ってくだいました。


これはその時の写真ですが、もちろん具合は悪そうだけど、昨日死にかけてたとは思えないくらいでした。

そこから本当に色々な事がありました。
秋山先生が呼びかけてくださって、兄弟弟子のお二人(今はプロとして大活躍中)が毎日先生と私と一緒にグループ気功をやってくださいました。
その縁でそのお二人とも今も親しくさせていただいています。ピーは私に、心強いそして優しい“お仲間”までも作ってくれたのです。

このプロフィールを作っていて気づいたのですが、ピーがうちにやってきたのは2006年の春、そして同年の冬に、私はヒーリング(レイキ)を始めていたようです。

ほんとにたくさんの奇跡をみせてくれて
2017年5月、父、母、私、家族3人揃って見守る中、
11歳1ヶ月で旅立ちました。

ピーちゃんは、テレパシーで声を聞かせてくれて、ビジョンで見せてくれて、私に、ピー自身が感じている体の状態を体感させてくれたり、
何度も命の危機を乗り越え、ピー自身の体を使って何度も何度も私に見せて教えてくれました。【気功ってほんとにすごいんだよ!!】という事
そして、猫にも、ほんとに驚くほど人間の様な(大の猫好きの私が思っていたより遙かに)深い感情があるという事を。

ピーの想いに自分が情けなく泣いた事もありました。
思い返せばあの心臓発作から、私をヒーリングの道へ導いてくれていたとしか思えない出来事がたくさんありました。

生後1~2週間程で段ボールに入れて捨てられてて(今は捨ててくれた方にも感謝出来ます。そのおかげで出逢えたんだから)
哺乳瓶で3時間おきにミルクをあげておしっこも出させて育てたピーがいなくなって、ショックが大きすぎて、
何の為に気功やるのか、本当にやりたいのかもわからなくなり、必要な時にやるだけで、楽しくも出来なかったですが、

1年半程経ってようやく気持ちもだいぶ落ち着き、
兄弟弟子の方々の大活躍をみて、とてもうらやましく、やっぱり自分もやりたい!みんなみたいになりたい!と思いまた再開となりました。

ただ、やっぱり、失った自信を取り戻す事はなかなか難しく、ちゃんと変化出来てるし相手も感じてくれてるんだけど、それはあれだけ時間をかけたからだろう・・・
短時間じゃ無理だろうな・・・とか思ってしまって。それでも頼まれもするし、気功はたぶんほぼ毎日何かしら使ってましたし、
瞑想、アニマルコミニケーション(リーディング)の練習もしてました。本当にどうしても知りたい事はわかるけど、 でもみんなみたいに上達しない。。
何で私だけ出来ないんだ・・・

楽しい事を選んだ

いったん忘れて(気楽な練習はずっとやっていましたが)他に楽しい事をする事に。自己啓発やスピリチュアルが好きななので興味惹かれる本は次々と読み、いつからか、お金が出来たらやってみたかった事、先延ばしにしてきた事を、なるべく我慢しないように、
先にやってみる事にしました。小さな事からでした。食べたいと思う物を食べる様にしたり、欲しいものを買ったり、好きなミュージシャンのDVDを買ってみたり、 自分の興味がある事に触れてみる、楽しそうだと思う事をやってみる。
楽しい事は飽きるまで継続してみる

お金と時間が出来たら先でやってみたいって思ってた事も、思い切ってやってみると意外にも今出来ることいっぱいあるやん♪と楽しくなってきていました。
そして、もっと気功やリーディング・テレパシーを上達するにはどうすればいいのか内観しているといつも気になる事がありました。でも不安で避けていたんですが、 いつもいつもそれが気になるので勇気を持ってチャレンジしてみました。やってみて本当に良かったと思っています。

その直後2019年4月初め頃、不思議な事があり、それを期にヒーリング能力が格段に上がっている事に気づき、だんだん自信を取り戻しました!^^
「骨はカンタンです」という秋山先生と一緒に私の知人の首のヘルニアをヘルニアではなくしてとても喜ばれた経験から、悩んで苦しんでいる方はとても多いのに安全な 圧倒的 解決策が無いこの分野。だから 先生と一緒にヒドイ痛みに悩む方向けのコースをやってみたいと思いました。

*******
ピーが旅出ってから
秋山先生を始め ユタの先生や “わかる”方達何人かにみてもらいましたが、「白い猫ちゃんがずっとそばにいるよ^^」と言ってくれます。私にも何度か姿を見せてくれました^^
ピーは私が「ヒーリング」の道にすすんでいる事をすごく喜んでくれているそうです。
やっぱりピーちゃんの導きだったんだなと確信した今日この頃です^^

旅だった日は、【見えない世界で今までよりもいつも一緒にいてくれるパートナーになった日】だと今は思っています。
ヒーリングの世界に入ってあれから13年。気づけば私の“夢”は結構叶ってきていました^^

実は私も色々ありました。

私自身、若い頃からダイエットの繰り返しで
●過食症に悩まされた日々
●抵抗力がなく年中風邪を引いてる状態
●いつも体がキツい
●20代前半なのに更年期の様な症状(自律神経失調症かな)
●冷え性という問題ではないくらい足が冷たく、冷たすぎて痛くて血管が切れそうだった。
● 腰が痛くてコルセットをしていた数年。
●ひどすぎる生理痛に悩まされた10数年
● 右膝が痛くてMAX15分しか歩けなかった約3年間、冷えると更に歩けないので膝にカイロをおいて(低温やけどになるから絶対ダメですよ)包帯グルグルにして歩いてました。
かばうのでもちろん左膝も痛くなり、両膝痛くて一歩も歩けなくなり上司におんぶしてもらった事もありました。笑
●朝起きると両手の指がむくんで曲げると『カックン』となってリュウマチも心配した数年。(リュウマチ陰性でした)
●食後に必ず、気分が悪くなっていた事もあったし(糖尿だったのかなぁ)
●下向いてたら気分が悪くなる意味わからない症状にも悩まされました。
●長めに椅子に座っていると浮腫んで鼠径から先の足が痛くなっていた日々。
● 食べても食べてもどんどん痩せていった時もありました。
●動かずおとなしく寝ていても痛すぎる偏頭痛にも数年悩まされ、こうすると痛くなるというのが経験でわかったので気をつけて生活していました。
● そしてまたしても朝起きたら手の指が浮腫んで痛くて今度は起きてしばらく曲げられないし1~2時間浮腫んでる違和感あるし、数ヶ月後には足の指まで同じ症状になり悩まされた約2年
まだまだ色々ありましたが、

私は昔から基本的にとても運が良いと思っています。^^
上記の症状は、それぞれ「一生このままなのかな・・・そんなの絶対いやだ!!!なんかないのかな・・・」と
その時その時、解決してくれる人やサプリ、物との出逢いで助けてもらい今は上記の症状は無くなりました。

気功に対する考え方・想い

なので、どうしてもダメな場合(寿命や、本人が治りたくない場合等)もあるけど
私は『地球上でなった事は地球上に解決策もきっとあるはず!』と思っています。
自分が本当に望んでいるのなら。

諦めたくないです。
今はまだ出逢えていなくても、きっと何かあるはず!!

同じ残りの人生(動物も)なら、それを今の100%の苦しみ(痛み)で過ごすのか。それとも70%、50%、30%で過ごすのか。
『0%』という奇跡だっておこる可能性は充分ある。
同じ残り時間だとしても、そこには大きな違いがあると私は思います。
その手段の大きな一つとして私は気功をとらえています。

大事な人(動物も)がツラい時に、自分に出来る事は?
側にいる事、祈る事、
それだけではなく、もう一歩踏み込んで積極的にサポートする事が出来る!
しかも離れていても可能!それが遠隔気功です。
こんなに心強いアイテムは他になかなかありません。

これから、当時の私の様に、いえ、更にもっとツラい痛みに悩んでいる方の力になりたいと思っています!
そして、もう少し先になりそうですが動物と人間がもっと幸せに暮らせるようにお手伝いさせてもらいたいと思っています(๑•̀ •́)و✧